株式投資は分かりやすい

投資の初心者がつまずく壁なのですが、投資の行ない方が分かりにくいというものがあります。投資は初心者にとって分かりにくい専門用語などもありますので、初心者はできることなら仕組みが直感で出来るくらいに単純な取引きが行なえるようなものを選ぶと良いかと思います。そんな投資のなかで、最も基本的な投資といえば株式投資だと思いますね。

株式投資の仕組みについてはとても単純です。企業の株が上がる前に購入し、価値が上がったら決済を行なうというものですからね。この価値の変化については、チャートと呼ばれるグラフを見れば一目瞭然ですので、初心者であっても直感的に相場の動きというのが掴みやすいと思います。全ての投資の基本というものが、株式投資を行ないながら勉強ができるかと思います。

株式投資で収入を出すためにも、これから価値の上がる株式の情報を知っておくのは大事な事だと思います。他の投資ジャンルでは、これから価値の上がるものを調べるには相当専門的なことに首をつっこむ必要がありますので苦労をすると思いますが、株式投資の場合ですと、新聞のニュース欄程度の情報で企業の将来性というものが理解できますので、株式投資は初心者向けで分かりやすくてお勧めです。

株式投資についてもっと知りたい方はこちらへ
株式投資の最新テクニックをご紹介

少ない金額ではじめられる投資信託

投資はまとまった資金がないとはじめられないのでは?と思っている方は意外と多いと思います。しかし、積立投資信託なら毎月1万円程度の金額からはじめられるのがほとんどです、中にはワンコイン積立と呼ばれるものもあり、500円からはじめられる投資信託もあれば1,000円ではじめられるものもあります。つまり、資産が全然ない、という方であっても気軽に投資に参加できるようになったのです。もちろん、500円でずっと積立てていたとしても、元金が少ないので大きな資産にはなかなか育ちませんが、投資がどのようなものなのかをはじめてみるには面白いのではないでしょうか。

投資信託以外にも個別株を積立てながら購入することができる商品も出回ってきていますが、個別株はリスクが高く、最悪の場合、投資先の企業が倒産でもしてしまったら積立ててきた資金がすべて失われてしまうという危険性が伴います。

しかし、投資信託の場合は分散投資を行いますので、仮に投資した企業が倒産してしまっても他の銘柄も保有しているので資産がゼロになると言うことはありません。

ただし、あくまで値動きのある商品ですので、積立てている元本が確保されている、というわけではありません。

基本をしっかりおさえたい方には以下がお勧めです。
ゼロから学ぶ投資信託の基礎はこちらから

どのような資産運用が良いのか

資産運用をと考えているのであれば、どのような資産運用の方法があるのかをしっかりと調べる事です。

資産運用の方法は、それこそ無数のようにあります。どれが良いのかと問われれば、タイミングだったり自分自身の経済力だったり、価値観の面もあります。様々な物があるという事は、それぞれ一長一短があるのですし、自分自身にとっても合う合わないの問題も出てくるはずです。ですので、資産運用をと考えるのであればまずはどのような金融商品があるのかを精査しなければならないのは言うまでもありません。どのようなものがあるのかを踏まえた上で、では自分自身には何が合うのか。

この点を考慮しなければならないのです。投資と言っても様々なものがありますし、どのような投資であってもリスクが潜んでいます。「必ず儲かる投資」など残念ながらこの世にはありません。また、保険にしても様々なタイプの物があります。一つ一つ微妙に特徴が異なる金融商品の中から自分自身に合う物を探すのはなかなか簡単ではありませんが、それが出来ないようですと、資産運用そのものが順調なものにはならないとも言えます。ですので、資産運用をと考えているのであればまずはどのような特徴があるのかを把握してからです。

資産運用の入門サイトはこちら
↑丁寧に説明されているのでお勧めです。

老後難民回避に向けた秘訣

老後に安定して暮らすことができるかどうかというのは、老後を迎える前の生活によって決定されると言えます。老後に向けた準備が疎かだった場合にはいわゆる老後難民と呼ばれるような、資金不足の老後を迎える事になってしまう可能性があるでしょう。では、老後に向けてどのような準備をしておくべきなのでしょうか?

最も重要なのは、老後に使用することになる資金の準備をしておくことです。かつては老後の生活資金というのは年金からほとんど捻出することが出来たのですが、今後そういった年金依存の生活というのは厳しくなっていくことが予見されます。まずもって、年金の支給額が少なくなることがほぼ既定路線となっているためです。

年金というのは自分の保険料がそのまま支給額となる積立型のものではなく、保険料は基本的にその世代に対して利用されるタイプとなっているため、必ずしも元金以上のお金を受け取ることができるわけではないためです。それどころか、現状黒字になる受給者というのはほとんど存在していません。今後受給が開始される人にとってはなおさらです。

そのため、年金とは別にお金を貯めることができるシステムを構築しておくことが、老後難民回避のためのポイントとなります。

安定した収入が期待できる投資方法

将来、受け取れる公的年金が少なくなる日本では、年金不安が高まるようになっています。この不安を解消するために、十分な老後の生活資金を蓄える必要があるのですが、バブル崩壊以降、景気があまりよくない日本では、満足した収入が得られないといわれています。

たとえば、銀行預金では低金利が続いているため、大きな資金づくりができなくなっています。満足できる資金づくりを行なうために、もっと効率よく資金づくりができる方法が求められるようになっているといってよいでしょう。

資金づくりとして活用されている方法には、もっと効率よく資金がつくれる方法がありますが、中には資産運用に最適な投資といった方法もあります。一般的に投資は、リスクが高いことが問題とされていますが、最近は安定した資金づくりができる積立で行なえる積立投資に人気があります。

投資は、毎月コツコツと行なうことによって資金づくりができる方法です。長く行なうことによって、将来、大きな資産づくりができるようになるといわれています。

積立投資であるなら、安定した資金づくりができるようになるため、老後の生活資金として資金を蓄える資産運用として効果的なものとされています。

老後は海外生活も素敵

長寿大国日本は、世界からも注目を集めています。しかし、おめでたい話ばかりではありません。長生きをする人が増えた代わりに、少子化が進むという、悪循環を生んでいるのです。この少子高齢化は、ますます加速し日本の経済を圧迫しています。それに加えて、長引く不景気や年金制度の崩壊など、あまり良くないニュースが飛び交っています。

そんな中、自分達の老後を保証してくれるのはいったい誰なのでしょうか?働いたお金を老後のためにコツコツ貯めていても限界がありますよね。年金暮らしがスタートしても、土地や家賃の支払い、光熱費にほとんど消えてしまい、ゆとりある老後の生活には程遠いのが現実です。物価の高い日本に住んでいてはしかたがないのかもしれません。

そこで、おすすめなのが海外不動産です。とくに、マレーシアやシンガポールなど物価が比較的安く、自然災害も少ない地域は人気で、老後の生活を海外で過ごすために、今から海外不動産を購入しているという人も少なくないようです。

自分たちの暮らしを守るのは、自分しかいません。しっかりとしたライフプランを立てることで、自分をはじめ大切なパートナーを守ることもできますよ。きっと、その先には幸せな老後の暮らしがまっています。

海外不動産に関するおすすめ記事はココ!
分かりやすくて好評のコラムです。

海外投資がなぜ注目されているの?

1998年の外為法の改正によって、日本では海外投資が行えるようになりました。しかし、海外投資をするといっても米国や欧州などの国に投資をしても大きな利益は望めません。なぜなら経済発展がなされているからです。どうせ海外投資をするのであれば経済発展が今後見込まれるような地域がいいでしょう。発展途上の国は今後大きな経済発展が望めます。そのためあらかじめ投資を行っていれば長期的に利益を得られることが見込まれるでしょう。

たとえば、発展途上国であるブラジル。このブラジルは国土も広いですが、多くの資源を抱えている国です。同じように中国も大きな国で資源を抱えている国ですが、高齢者が多いので今後発展していくことができるかどうかは不安が残り餡す。ブラジルの場合には高齢者も少なく、若年層が多数存在しているので、今後の経済発展が期待できます。自分が投資する地域の情報は徹底的に調べましょう。本当に将来的に経済発展が望めると思える国が見つかれば、その国に投資を行いましょう。

なぜ多くの投資家は海外投資に目を付けているのでしょう。国内の投資商品はそれほど大きな利益は望めませんし、どれも手数料が高めに設定されています。多少利益があるだけでは、ほとんど利益を得ることができません。しかし、海外投資は手数料が安く設定されていますし、多くの利益が望めるからです。

お金を増やす素敵な習慣

生活に欠かせないものはなんですか?家族や友人、趣味・仕事など、生活に欠かせないと思っているものは人それぞれ違うと思います。しかし、そのどれもに関係しているのが「お金」ではないでしょうか?お金がなくては、生活できない時代。いくら、時給自足の生活をするといっても、少なからずお金は必要ですよね。

お金に振り回される、人生もあまり良いとはいえませんが、上手にお金を使って理想の暮らしを送りたいですね。

そこで、お金を増やす素敵な習慣のひとつに「投資」があります。働いて、お金を稼ぐのもいいですが、やはり限界があります。また、年齢を重ねれば重ねるほど、稼げる期間も少なくなってきます。まだまだ、元気なのに仕事がないという人もいます。ですから「投資」で、お金を増やすことで、さらに素敵な生活を送ることができますよ!

しかし、投資をはじめるといっても、種類も豊富でどれから始めればいいのか分からないですよね。そんな人には「投資信託」がおすすめです。投資信託は投資のプロに資産運用をお任せできるので、確実に資産を増やすことができます。是非、この機会に投資の仕組みや流れなどを理解して、個人投資家の第一歩を踏み出してみてくださいね!

現役金融コンサルタントが執筆したおすすめ記事

税金の影響を受けにくいファンド

投資を行いたいと考えている人は、かなり多くなってきているのではないでしょうか。そこでここでは、そんな投資家の投資先を考える選択肢の一つとして、オフショアファンドについて紹介していきたいと思います。オフショアファンドというのは、その名前の通りオフショア地域に在籍している会社のことを言います。

といってもそもそもオフショアというのがあまり有名ではないかもしれません。オフショア地域として代表な場所としては、ヴァージン諸島やマン島などが挙げられます。これらの地域というのはタックスヘイブン対策税制というものを敷いており、海外企業に対する税金が免除されるといった制度が取られています。

ファンドが運用していく上で、税金というのは大きな利益障害の一つです。場合によっては税金があるせいで利益か損益になってしまうこともあります。特にファンドは投資先を分割しているため、課税されるとその影響が大きく出てしまうのです。

オフショアファンドはこういった税金が課せられないことによって、より利益が出しやすい状態になっています。中でもマン島の場合は、投資家に対する元金の90%を保障する政策が取られているため、特に盛んに行なわれています。