税金の影響を受けにくいファンド

投資を行いたいと考えている人は、かなり多くなってきているのではないでしょうか。そこでここでは、そんな投資家の投資先を考える選択肢の一つとして、オフショアファンドについて紹介していきたいと思います。オフショアファンドというのは、その名前の通りオフショア地域に在籍している会社のことを言います。

といってもそもそもオフショアというのがあまり有名ではないかもしれません。オフショア地域として代表な場所としては、ヴァージン諸島やマン島などが挙げられます。これらの地域というのはタックスヘイブン対策税制というものを敷いており、海外企業に対する税金が免除されるといった制度が取られています。

ファンドが運用していく上で、税金というのは大きな利益障害の一つです。場合によっては税金があるせいで利益か損益になってしまうこともあります。特にファンドは投資先を分割しているため、課税されるとその影響が大きく出てしまうのです。

オフショアファンドはこういった税金が課せられないことによって、より利益が出しやすい状態になっています。中でもマン島の場合は、投資家に対する元金の90%を保障する政策が取られているため、特に盛んに行なわれています。